トレンド雑記ブログ

日常の出来事、ニュースなどを記事にします

100日後に死ぬワニの最後の結末(オチ)はいつで、どうなる?ネタバレ考察!

f:id:gonnabeagod:20200115221752p:plain



Twitter上で話題になっている4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』

作者はきくちゆうきさんという方です。

 

2019年12月12日から連載されていて、一か月が過ぎた今

『ネット上で涙が止まらない。』『結末が怖くて見れない。』

といった声が多数あがっています。

 

 

今回は100日後のワニの最後の結末がどうなるのか?

この漫画から作者が伝えたいメッセージは何なのか?

調査・考察しました。

 

 

目次

きくちゆうきさんの漫画『100日後に死ぬワニ』とは?

 

2019年12月12日から毎日1話づつ更新されています。

 

主人公のワニが、私たちと変わらない平和な日常を映した様子が描かれています。

初回の1話では、ワニがテレビを見ながら爆笑しているだけの絵ですが、普通の漫画と少し違います。

締めの言葉が『死まで99日』となっており、一日づつカウントが減っていくようです

 

この主人公のワニはいつも笑顔で、未来に希望を抱きながら生きており、100日後に死ぬなんて事は全く感じられません。

 

『ワンピースの結末が楽しみだ!』

『大人気商品が1年後に届く!』 

 

など笑顔で語られている様をみて、何か心にぐっときます。

 

当たり前のように日々を過ごし、未来に希望を抱いても

死は突然やってくる。

 

自分自身に当てはめた時に、今の自分の生き方はこれで良いのか?

そういった疑問が出てくる、考えさせられる漫画です。

きくちゆうきさんが『100日後に死ぬワニ』で伝えたいメッセージとは?

 

 BuzzFeed Newsがきくちゆうきさんにインタビューをした際のコメントがあります。

 

生きているということは、いつか死ぬということ。『いつか死ぬ』ということはもしかしたら、今日かもしれないし、50年後かもしれない。

きっとみんな分かっていることなんですが、僕含め、世の中の人みんなあまり意識することなく生きているのではないかなーと思うのです。

自分の「終わり」と、周りの人の「終わり」。

それを意識すると行動や生き方がより良い方向にいくのではないか。そういうものをワニを通して考えるきっかけにでもなればいいな。……と思ったことがはじまりです。

引用元:BuzzFeed News

 

『いつ死ぬか分からないから今の行動をかえていこう』

こういったメッセージが込められているようです。

 

ほとんどの人が なんとなく今を生きている。

常に死を間近に感じている人は少ないのではないのでしょうか?

 

私もこの漫画を読みだして、いつ死んでもいいように全力で生きていかなきゃいけないと思えました。

 

単純な4コマ漫画ですが、ここまで心を動かされた漫画はないかもしれません。

 

それだけきくちゆうきさんの伝えたいメッセージが、漫画に込められているんだと思います。

 

『100日後に死ぬワニ』の最後の結末はいつでどうなる?

 

まず 100日後はいつになるのか調査しました。

 

2020年3月20日が運命の日のようです。

 

結末については明かされていませんが、ネット上で色々な憶測が飛び交っています。 

 

 

100日後のオチについて予想

・作者のほうが先に寿命で死ぬ

・99日まで連載して、最後の1日は読者に想像してもらう

・ワニが自殺する

・ワニが病死する

・誰かをかばってワニが死ぬ

・一度死んで蘇る

 

 

作者の寿命が来て、作品に終わりが来ないパターンは怖すぎますね・・・

意外とこの予想が多かったです。

恐らく、主人公のワニに死んでほしくないという思いが強いんだと思います。

 

私個人的には、片思いしてる先輩ワニをかばって・・・というパターンではないかと予想しています。

 

ただ注目されている分、かなりオチに期待度が増しています。

みんなが予想できるようなオチでは読者が満足できない可能性はありますね。

 

いい意味で期待を裏切るような結末であることを願います。

 

まとめ

今回は100日後に死ぬワニの最後の結末(オチ)はいつで、どうなるか?について調査しました。

 

以下まとめです。

・『いつ死ぬか分からないから今の行動をかえていこう』というメッセージが込められている

・最後の日は3月20日

・オチはまだ未公表

 

まだ残り2か月強とあるので、これから結末に向けた伏線が出てくるかもしれません。

 

すっかりファンになってしまったので、日々チェックしていき、気になる点が出てきたら随時追記していこうと思います。

 

以上、最後まで閲覧ありがとうございました。