トレンド雑記ブログ

日常の出来事、ニュースなどを記事にします

日韓トンネルはいつ完成で現在は?佐賀県唐津市に建設理由や目的、賛成政治家や統一教会との関わりとは?

 

2月11日 日韓トンネルの建設に関してニュースが報道されました。

Twitterのトレンド入れで今話題になっています。

 

今回は日韓トンネルとはなんなのか?

いつ完成で現在は?反対理由や賛成理由などをまとめていきます。

 

目次

 

 

日韓トンネルの工事が始まっていて、いつ完成?統一教会が関係?

 

 

TVで日韓トンネルの工事が進んでいるとのニュースが報道されました。

ネット上では反対意見が多数でています。

 

日韓トンネルとは?

日本と韓国(朝鮮半島)を結ぶためのトンネルになり、世界平和統一家庭連合(通称、統一教会)という宗教団体が関与している建設計画です。

 

かなり怪しい宗教団体だと批判されている為、この計画にはなにか裏があるともいわれています。

 

私は知りませんでしたが、この計画は大分前からあったようです。

1930年頃から計画がありましたが、経済の面でメリットが無いことから中止になっていたようです。

 

 

 

韓国トンネルは佐賀県唐津市に建設で費用や担当政治家は?

 

 

建設予定の場所は佐賀県唐津市壱岐といわれる孤島のようです。

韓国側釜山を開通場所に予定していて、費用は10兆円以上となっていました。

 

10兆円ってありえない金額ですよね。

10兆円かけて得られるメリットの提示もされていなかったようです。

 

また佐賀県の政治家は一切

 

 

 

韓国トンネルは反対派多数で中止になる?

 

ネット上は反対意見で

 

 

 

まとめ