トレンド雑記ブログ

日常の出来事、ニュースなどを記事にします

ケフィア事業振興会の代表(社長)ら9人は誰で名前や顔画像は?被害者への賠償や補償、裁判はいつ?

 

経営破綻した通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京都千代田区)が不正に資金を集め、18日に逮捕されたと報道がありました。

 

今回はこの逮捕された9人とは誰で名前や顔画像は?

被害者への補償や賠償はどうなるのか調査しました。

 

 

ケフィア事業振興会の代表ら9人が逮捕


ケフィア事業振興会は2000年3月~18年8月まで、全国47都道府県の4万4000人超から計約2200億円を不正に集めおり、金を集めたのは間違いないと供述しています。

 

返済に関してはほとんどしていないという実態で、確実に詐欺だという事です。

 

被害者もかなりの数いるようで、被害者の会が既に結成されています。

 

 

ケフィア事業振興会の代表ら9人は誰で名前や顔画像は?

 

現在判明しているのは下記1名です。

・鏑木秀弥

 

残りの8人についてはSNSや被害者の会からの情報を収集中

 

記事製作中

 

 

ケフィア事業振興会の詐欺の被害者への補償や賠償は?

 

補償や賠償に関しては、報道でもまだ触れられていません。

 

詐欺容疑で現在捜査中との事ですが、逮捕という事なので、立証はすぐだと思われます。

 

記事製作中

 

 

ケフィア事業振興会の詐欺に対する裁判はいつ?

 

2018年の11月にすでに訴訟が起きています。

 

加工食品などのオーナーを募って多額の現金を集めていた通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京)=破産手続き中=を巡り、オーナー契約を結ぶなどしていた埼玉、神奈川、愛知などの54~85歳の男女13人が27日、元代表の鏑木秀彌(かぶらきひでや)氏ら3人に約1億7500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 

10件以上の訴訟があったようで、被害額は1000億円を超えるとの事。

 

ケフィアの詐欺被害にあった向けの、ケフィラ被害対策弁護団というものが出来ています。

ケフィアグループ被害対策弁護団 | ケフィアグループによる被害の回復と被害拡大防止のために

 

 

 

記事製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとされる事件で、警視庁生活経済課は18日、出資法違反(預かり金の禁止)容疑