トレンド雑記ブログ

日常の出来事、ニュースなどを記事にします

ささしま地下道建設による立ち退きは?条件や補償内容、立ち退き地域・場所を調査

 

2020年2月2日、名古屋市中村区の再開発地区「ささしまライブ」と名古屋駅を結ぶ地下道整備について、基本設計を固めていくと朝日新聞から報道がありました。

 

ささしまライブが開業した2017年に完成する予定だった地下道ですが、大分遅れての開発となるようです。

 

今回は、ささしま地下道がいつできるか?

予算や立ち退きエリアなど調査してみました。

 

目次

 

名古屋市中村区でささしま地下道建設が決定

 

2月2日、朝日新聞から報道がありました

 

地下道は「笹島交差点」と「下広井町交差点」の南を結ぶ約400メートルに計画。ささしまライブが開業した17年度に完成する予定だったが、河村氏が「地上のにぎわいがなくなる」などとして計画を止め、ささしまライブ地区への進出企業が早期整備を求めていた。
 河村氏は昨年6月、名駅南エリアのにぎわい創出や地下道に整備する「動く歩道」などの快適な移動手段を地区につなげることなどを条件に、地下道整備を容認する考えを示していた。(堀川勝元)

 

歩く歩道や、更に人が集まるような施設・イベントを計画しているようです。

またささしまライブに新駅も増設するようで、今後間違いなく発展する場所になります

 

名古屋市中村区の『ささしま地下道』はいつできる?

 

ささしま地下道は2027年までに完成予定のようです。

約7年後になります。

開発設計、環境の整備など含めるとそれぐらいの期間が掛かるようですね。

 

 

記事製作中

 

名古屋市中村区の『ささしま地下道』の予算は?


基本設計費だけで数千万円はするようです。

 

立ち退き費用の保証や、コンテナ、新駅の設置費用など考えると数臆に上るとみられています。

 

詳細の予算についてはこれから詰めていくようです。

 

記事製作中



名古屋市中村区の『ささしま地下道』開発による立ち退きエリアは?

立ち退きエリアがどこになるか調査しました。

 

記事製作中

 

名古屋市中村区の『ささしま地下道』開発による立ち退き費用の保証は?

 

記事製作中

 

 

まとめ