トレンド雑記ブログ

日常の出来事、ニュースなどを記事にします

トヨタの未来都市の入居(居住)の応募方法やいつ完成?woven city(ウーブンシティ)の場所(静岡富士)、開発費用も!住む・住みたいの声が多数

f:id:gonnabeagod:20200223184017p:plain

トヨタのCM『トヨタイムズ』でトヨタが街を作ると言って話題になっています。

トヨタが言う未来都市(AI実験都市)とはどんなものなのか?

 

入居条件や完成時期、内部の施設などを調査しました。

 

目次

 

トヨタ自動車が未来都市(実験都市)のwoven city(ウーブンシティ)の概要や施設の詳細

2020年1月7日 トヨタ自動車が未来都市(実験都市)をアメリカ・ラスベガスで行われた見本市「CES 2020」で発表しました。

 

自動運転や人工知能(AI)などの技術を使った街を作るようです。

自動車会社の域を超えた試みですね。

 

イメージ動画は下記になります。


Woven Cityイメージビデオ(long ver)

 

未来都市(実験都市)開発の目的

さまざまなモノやサービスがインターネットでつながり、世界に住んでいる人の生活の利便性向上に役立てる為の実験都市のようです。(コネクティッドシティ)

もはや国がやるような施策を1企業がやると公言しています。

 

自動車業界の視点だと自動運転やロボット、AI等の最適かつ有効な活用法を見つけ出すことを目的としています。

近年、自動運転の技術でGoogleや他の企業にリードされているトヨタ

これを巻き返す為の施策の1つではないでしょうか。

 

Woven city (ウーブンシティ)の内部詳細や名前の意味・由来

内部の詳細ですが、敷地内に3種の道路を引くようです。

・完全自動運転の電気 or 水素自動車専用道

・歩行者とモビリティ専用道路(1人乗り小型カーやセグウェイ

・歩行者専用の道路

 

この3つの道路が混在した1つの町を作ります。

Woven Cityと名付けられた由来や意味は、この道路が網目のように織り込まれるという意味からのようです。

※Wovenとは直訳で『織る』

 

都市開発かと思いきや、あくまで軸は自動車のようですね。

その他にも施設は建つはずですが、まだ詳細情報が出ていないです。

分かり次第追記します。

 

Woven city (ウーヴンシティ)のサイズ

トヨタ自動車は2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本東富士工場の跡地を活用し、都市を開発。

 

そのサイズは約70.8万平方メートルにも及びます。(東京ドーム約2個分)

最終的には東京ドーム15個分まで拡大する予定になっているようです。

 

ディズニーランドが東京ドーム10.9個分となっているので、凄まじい大きさの実証都市になると予想されます。

 

建設予定地は以下になります

 

実験都市開発に至るまでの費用(コスト)

費用(コスト)に関しては公表されていません。

なので参考に、規模間の近いディズニーランドで比較します。

 

ディズニーランドの初期の建設費は約1584億円

 

トヨタのウーブンンシティは敷地面積で言えば1.5倍を予定しているので約2400億円以上にはなると予測。

最新のAIやロボットを使うとなると、もっと費用は上がるかもしれませんね。

 

2019年のトヨタ自動車の売上高は30兆円を超えて、利益は2兆近く得ています。

この金額を見ると、2400億円も全然可能な範囲に思えちゃいます。

実際はありえない金額なんですが・・・

 

トヨタ自動車だから出来る開発都市だという事ですね。

 

トヨタの未来都市(実験都市)の入居条件や応募方法は?一般人も入居できる?

 

トヨタ自動車が開発する都市、ウーブンシティに一般の人の入居応募はできるのか調査しました。

現在トヨタから発表されている事実は下記です。

 

プロジェクト初期は従業員や関係者をはじめとする2,000名程度の住民の入居を想定

 

初期段階では一般募集は無いようですね。

『初期は』という話なので、実験が進んでいけば一般募集もありえるという事になります。

というより『世界に住んでいる人の生活の利便性向上を目的』としているなら、当然一般の人たちの声も取り入れないと意味が無いので、募集はあると思って間違いないかと。

 

まだ着工自体が進んでいないので、具体的にプロジェクトが進んでいけば何か発表があるかもしれませんね。 

 

トヨタの未来都市(実験都市)の完成時期はいつ?

 

ウーブンシティの完成時期について調査しました。

 

着工開始:2021年

完成時期:不明

 

現在は分かっている事は上記のみです。

ここでもディズニーランドで比較検証します。

 

ディズニー建設期間:2年4ヵ月

ウーブンシティ建設期間:3年~(予想)

 

あくまで予想ですが。

2024年~2025年には完成するのではないでしょうか?

内部情報の詳細は恐らく、建設中にもメディア発表されていくと思うので、今後2・3年はウーブンシティの話題で持ちきりになりますね。

 

 

トヨタの未来都市(実験都市)のwoven city(ウーヴンシティ)がトヨタイムズのCMで動画が話題に!

 

トヨタイムズと呼ばれるトヨタがやっている動画配信の一部をCMで使っているようです。

最近かなりの数のCMをやっていますよね。

広告宣伝にもかなり力を 入れているのが伺えます。

 

実際のトヨタイムズのCM動画は下記です。


トヨタイムズ CES2020 取材 30秒

 

未来の実証都市を作ると言った内容でかなりワクワクしますね!

トヨタ自動車だけでは出来ない。色々な人の協力が必要だとトヨタ社長が語っていましたね。

 

今後もトヨタイムズのCMに注目する必要がありそうです。

 

トヨタが未来都市(実験都市)を作る事に批判や賛成の賛否両論の声も

 

トヨタが開発している未来都市。

一見きらびやかな話に聞こえますが、賛否両論の声が出ています。

 

『賛成の声』

 

 

 

『反対の声』

 

賛成意見は やはりコンセプトに惹かれ、半ばテーマパークを見るような感じで絶賛してる声が多くありましたね。

 

反対意見は

『自動車会社として車を中心に作ってくれ』、『他にやらなければならないことがあるだろう』といった声が多くありました。

 

トヨタ自動の社長、章男さんから言わせて貰えば、この開発都市も自動車製造に繋がる業務だと言われそうです。

ただ確かに違和感があるのは否めないですよね。

 

三者から見てれば、魅力的な都市計画ですが、これが自動車業界にプラスになるかマイナスになるかはまだわからないと言った所です。

 

個人的にはわくわくするので、ぜひ見てみたいですが。

 

トヨタよりも前に実験都市をウォルトディズニーが作ろうとしてた

 

実はトヨタ自動車より前に、ウォルトディズニーが似たようなコンセプトで都市開発計画を考えていました。

 

その名も『EPCOT(実験的未来都市)計画』

1966年に公表された計画です。

最終的にはトゥモローランドと言われる理想都市を目指した、下準備計画としてEPCOTが計画されていました。

 

トゥモローランドに関する動画は下記です。

 


『トゥモローランド』ウォルト・ディズニー本人が語る秘蔵映像

 

 

ウォルトディズニーが描く未来都市に関して下記コメントをしています。

決して完成することのない未来の理想都市。常に新しい素材やシステムを導入し、テストしてみせるところ

 

かなりトヨタ自動車がやろうとしてる事と似ていますよね。

 

このEPCOT計画は、1966年ウォルトディズニーが発表後に肺がんで亡くなり、中止となっています。

 

もしかしたらトヨタ自動車はEPCOT計画をヒントに今回の未来都市を計画したのかもしれません。

 

 

トヨタの未来都市(実験都市)woven city(ウーヴンシティ)のまとめ

 

今回はトヨタの未来都市 woven cityについてまとめました。

まだ計画段階なので、これから色々な情報が出てくると思います。

追記修正をかけて、分かりやすくしていくことを心掛けます。

 

以上、最後まで閲覧ありがとうございました。