トレンド雑記ブログ

日常の出来事、ニュースなどを記事にします

【炎上】100日後に死ぬワニは電通案件だった!映画や書籍(本)の対応が早すぎると賛否両論の声!

 

f:id:gonnabeagod:20200321011134p:plain

3月20日に最終回を迎えた、きくちゆうきさん作者の漫画『100日後に死ぬワニ』

実は電通案件だったと話題になっています。

 

異常なまでのバズり方の裏には仕掛けがあったんですね。

そこで今回は、この電通案件の問題点や世間の反応についてまとめていきます。

かなり賛否両論の声が上がっています

 

目次

 

100日後に死ぬワニが最終回後直後に怒涛の商業展開!映画や書籍(本)など

 

100日後に死ぬワニは最終回後、数時間で怒涛の商業展開がはじまりました。

最終回の余韻が台無しだという声が多数。

 

『最終回後に展開されたもの』

 

・100日後に死ぬワニの書籍化

・映画化決定の告知

・大量のグッズ販売

いきものがかりとコラボ

 

1つづつ解説します。 

 

 

100日後に死ぬワニが書籍化

 

4月8日に書籍化するときくちゆうきさんからツイート宣伝がありました。

このツイートがでたのは最終回を出してからわずか2時間後。

 

亡くなった途端商業ベースガンガン来るのちょっと気分悪い。せめて明日以降にしてください、と言いたくなる(もう言ってる)

 

といったような声が上がっています。

 

100日後に死ぬワニが映画化

 

こちらも最終回終了後2時間以内に、大手メディアがニュースで報道。

ライブドアニュースや日刊スポーツなど。

 

ちなみにまだ映画の公開日等の情報はでていません。 

 

いきものがかりとのコラボ動画が出る

 

100日後に死ぬワニの総まとめ動画をいきものがかりとコラボ作成しています。

なんでもこの動画用に、いきものがかりがオリジナルで曲を作ったとの事。

 

曲名は『生きる』

100日後に死ぬワニのテーマに沿った歌詞になっています。

表上はテーマに深く共感したいきものがかりのメンバーが、対談企画の相手としてきくちに声をかけたことからコラボムービーの制作がスタートした。

 

との事ですが、真相は不明です。

 

100日後に死ぬワニは電通案件だった!?

 

100日後に死ぬワニの商業展開に深く関わっているのが、電通だとネット民が特定。

金儲けの事しか考えてないとプチ炎上しています。

 

判明したきっかけは、いきものがかりとのコラボ動画です。

動画の概要欄の写真は下記です。

 

N49SZQr.jpg

 

この一番下の名前にある

PRプランナー:松本洋平

この方が電通社員の動画作成チームであると判明しました。

 

根本陽平(電通)の経歴や学歴(大学)のwikiプロフィール!年齢やツイッター・インスタは? - トレンド雑記ブログ

 

怒涛の商業展開の裏には電通の手引きがあったんですね。

 

100日後に死ぬワニの電通案件に対する世間の反応

 

今回の電通の商業展開のラッシュにうんざりしているという声がかなりあがっているのでまとめていきます。

 

 

 

 

タイミングが悪すぎるといった声がかなりありましたね。

最終回終わって、数時間で金儲け感を出すとそれは引いちゃいますよね・・・

 

さらに『生きる』というテーマなのに、パワハラばりばりの電通が絡んでるとなると感動が薄れていくのもしょうがない気がします。

 

ここ数日は炎上が続きそうです。

 

 

100日後に死ぬワニの作者きくちゆうきと電通の関係は?

 

作者のきくちゆうきさんと電通の関係はどうなっているのか調査中です。

現在明確な情報が見付かっていませんが引き続き調査します。

 

電通から声を掛けたのか、それともきくちゆうきさんから声を掛けたのか。

個人的には電通から声を掛けたように思えます。

 

100日後に死ぬワニがバズりだして、ねらい目だと思って話を持ち掛けたんじゃないかと。

 

元々電通の宣伝ありきで作った漫画の可能性もありますが、可能性は低いのかなと思います。

 

いきなりあまり有名でない漫画家にこういった企画を持ち出すとは考えづらいですしね。

きくちゆうきさんからのコメントも何かあれば嬉しいですね。